Japanese KISS fan site since 1999

Ace Frehley

ace01本名:Paul Daniel Frehley
誕生日:1951年4月27日
生誕場所:ニューヨーク州ブロンクス
身長:1m88cm
結婚:ジェネットと結婚。2人の間には娘モニークが産まれている。

1951年4月27日にニューヨーク州ブルックリンで誕生。本名はポール・ダニエル・フレーリー。1人の兄と1人の姉の3人兄弟の末っ子として生まれる。幼い頃は、兄弟の影響でフォーク・ミュージックを聞いて育った。兄のアコースティック・ギターをたまに触ってはいたようだが、音楽よりは、もっぱら機械や電子機器などに興味があった。というのも、UFOや宇宙人といった本や映画の影響だったそうだ。

13歳の時に友人の家に遊びに行った際に見た$25のKENTのギターと小さなアンプから出た音を聴いて衝撃を受ける。エースは、そのサウンドが気に入り、自分でこの音をコントロールできたら、どれほど楽しいであろうかと思いを馳せた。家に帰り、早速、兄にコードを習い始めた。

14歳の誕生日に父親から日本製のエレキ・ギターを買ってもらう。また、貯金をおろしてすぐにアンプを購入し、真剣に練習を始めた。最初の頃、練習をしていたのはベンチャーズだったが、イギリスの音楽がアメリカで流行り始めると、エースもピート・タウンゼント、エリック・クラプトン、ジェフ・ベック、ジミー・ペイジ、ジミ・ヘンドリックスといったギタリストの影響を受ける。ビートルズからの影響も受けたとは言っているが、どちらかと言えば、ローリング・ストーンズの不良的なイメージが自分自身と合っていたそうだ。

ギターを弾いていない時のエースは、友人たちとつるんでニューヨークを闊歩する、いわゆるストリート・ギャングであった。窃盗、公共物破損、他のグループとの衝突などが繰り返された。セントラル・パークで弓矢を使って狩りをしていたとして警察に補導されたこともあった。

音楽と友人たちとの活動の結果、エースは高校を転々と移り変わることとなっていた。16歳の頃から学校でバンドを組み始める。最初のバンドは、Four Roses というバンド名であった。それからエースは、数々のバンドを渡り歩く、あるものはほんの数日、また長くても数ヶ月という期間であった。その中には Exterminator、Honey などという名のバンドがあった。その頃、在籍していた King Kong というバンドで、ドラマーから Ace というニックネームをつけられる。バンドでギターを弾くエースは、ともかくもてたらしい、そこで綺麗な女の子を友人に紹介しまくっていたそうだ。そんな彼に対して友人たちは、「あいつは、この道に関してエースだな!」といい始め、それがいつしか彼のニックネームとなっていた。

19歳の時に、いとこの誕生パーティで、ある女性と運命的な出会いをする。Jeanette Trerotola というエースの1つ年下の女性である。それから7年後の1976年に2人は結婚した。

数々のバンドでの活動を通して、エースはブルックリン一帯で徐々に名前が知られるようになる。当時のエースは、長いストレートの髪とベルボトムとしわくちゃなシャツというスタイルであった。ともかく、この格好が目立っていた。この頃、その行動からエースは、両親から家を追い出され、学校も退学になっている。

エースは、活動の場をバーに移し、音楽で収入を得始める。が、ある晩、飲み過ぎたエースは、酷い演奏しかできなかった。その演奏を聴いたバーのオーナーは、エースへの支払を拒否する。2人は激しい口論となるが、最初にエースが手を出してしまう。が、そのオーナーは、元ボクサーであった。エースは、病院で頬骨を砕かれた状態で目覚めた。手術にかかった費用は$1,500。2ヶ月の入院生活を経てエースは自身の音楽に対する考え方を考え直す機会を得た。「ここ数年間、ギターの演奏に進歩はあったのか?今後のキャリアを真剣に考えたのか?」この時の考えが、エースをその後の成功へと導くきっかけとなった。

その後、数年の間エースは、Catheral や Honey and The Magic People といったバンドに在籍していた。これらのバンドはスキー場などのリゾート地で演奏をすることもあったという。

1970年代の初頭エースは Millemo というバンドに在籍していた。このバンドはRCAとアルバム契約までしていた。録音までされたようだが、リリースまでには至らなかった。

アルバム・リリースの失敗もあり、エースはそろそろ Millemo も去り時だと感じていたとき、友人がビレッジ・ボイス誌(1972年12月号)のギタリスト募集広告のことをエースに教えた。「リード・ギタリスト募集。煌きと才能のある者。アルバム契約あり。時間をムダにしたくない者、連絡乞う。」エースにとってはぴったりの広告であった。

「アルバム契約あり」は決してはったりや嘘ではなかった。事実、その広告を出した時のポール、ジーン、ピーターにはエピック・レコードと Wicked Lester としての契約があったのだから…。

エースは、ビレッジ・ボイスに連絡をし、ポールの連絡先を訊ねた。次にポールと電話で話をした。「1月3日にオーディションを開くから。」ポールの言葉に対しエースは、「考えとくよ。」とだけ答えた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINE
  • facebook
  • twitter
Copyright © Kiss Millennium All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.