Japanese KISS fan site since 1999

KISSTORY : 1974 Part1

kiss19741974年1月8日 KISS は ニューヨークの Fillmore East で音楽業界関係者向けにレコード・デビュー前のお披露目ライブを行った。この日は Warner Brothers 関連の販社や新聞・雑誌のジャーナリストなどが招待されている。Fillmore East はニューヨークではロックのコンサート会場としては有名な場所であり、最盛期には「The Church of Rock and Roll」とまで言われるほどで The Who、Jimi Hendrix、Led Zeppelinなどが出演しライヴ盤も多く作成されている。しかし1971年には閉場し、KISS が使用した1974年1月には、Hells Angels(アメリカで有名だったアウトロー・バイカーの組織。売春や麻薬の密売と言った非合法活動から多くの資金を得ていたと言われている) の溜まり場と言われるような状態であった。

banditこのライブの前に宣伝用の写真撮影が行われているが、ポールは、この撮影に立ち会っていた Neil Bogart から「今のメイクやステージ・アクションは中性的に見えるから(当時の他のロック・バンドと変わらないように見えるという理由で)メイクを変えた方が良い」と言われ、ファンの間で “Bandit(強盗、山賊などを表す)”と呼ばれるメイクを施して撮影と当日のライブに臨んでいる(ポールは気が乗らなかったが、チームの1員として指示に従い、5分でメイクを仕上げたと言っている)。しかし、ポールは、”Bandit”メイクは自分のキャラクターをまったく反映していないとして、1ヶ月ほどで元の星★メイクに戻すこととした。当日は Casablanca の Neil Bogart もメイクをしていた。

当日、ステージには蜘蛛の巣状のネットが張り巡らされた。それが、廃れてしまった Fillmore East の様子に良くマッチしていたというのもあるが、広すぎるステージの(見た目の)空間を埋める役割も果たしていた。ステージに立ったメンバーは興奮した。The Who や Led Zeppelin が立ったのと同じステージに自分たちが立っていたのだ。会場にはジーンの母親やメンバーの友人たちの姿もあった。

ショーの後に Warner Brothers のパブリシティ・ニュースペーパーに書かれた記事は、KISS の楽曲とライブの素晴らしさを褒め称えていた。

2月上旬に KISS は、カナダのエドモントン、カルガリー、ウィニーペグでのコンサートツアーを行っている。真冬のカナダの寒さは半端ではなかった。空港まで両親に車で送って貰ったポールは飛行機に乗るまではサマー・キャンプに送って貰っているような気分だったが、飛行機が離陸した瞬間にその想いは消え失せた。スーツケースを持っていなかったエースはショッピング・バッグに服を詰めて持参していた。このカナダ・ツアーはアーティスト、マイケル・クアトロの代役で組まれたものだった。マイケル・クアトロはスージー・クアトロの兄弟であり、そのショーは演出にも凝ったものだった。マイケルがキャンセルしたショーというのはいずれも学校の食堂や体育館などで行う予定のショーで、2月5日にエドモントン、翌6日にカルガリーの予定だった。

地元のプロモーターは当初一晩$1,500でマイケル・クアトロと契約をしていたが、突如、マイケル側から$5,000にアップするように通告された。学校の食堂でのショーで$5,000のギャラでは赤字になってしまう。プロモーターが思案に暮れているところに親プロモーターのATIから「まだデビュー前だが、マイケルと同様に演出に凝り、勢いのある KISS というバンドなら一晩$500で紹介できるがどうか?」と推薦された。と同時に彼の元へ Casablanca から完成したばかりのレコードとラインストーンのロゴ入りTシャツとメンバーの写真と紹介文が送られてきた。彼はすぐにレコードを聴き、これならいけると判断してATIからの申し入れを受けることにした。

canada1974KISS を呼ぶことに決めたカナダのプロモーターだったが、まだ地元の Warner Brothers も KISS を知らないような状態の中、懸命に協力を仰ぎ、アメリカからレコードを取り寄せて貰い、身近な友人たちや地元のレコード・ショップ、AMラジオ局、バー、新聞社などにレコードのコピーを配布してプロモーション活動を行った。また、届いた契約書には180kgにも及ぶドライアイスとフォークリフト、建築現場で用いる足場と3トントラックを用意するように、そして空港までメンバーを迎えに来るように記載されていた。これを見たプロモーターは驚いた。それぞれの会場はバスケットコート一つ分くらいの大きさしかないのに、なんでこんなものが必要なんだ?

コンサートが行われる日の朝9:00から地元のラジオ局はプロモーションのためにインタビュー放送を予定していた。現在を知るファンからすれば当たり前のことではあるが、KISS のメンバーは全員その時間からフルメイクをし、コスチュームを着て、道路を歩いてラジオ局まで来たのであった。この姿と行為にラジオ局のDJは興奮し、その日は何度も KISS の曲をオン・エアしてコンサートを告知した。

コンサート会場は、学校の食堂だった。まともなステージはないため、食堂のテーブルを並べてガムテープで止めてステージを作り、強度を持たせるために合板を敷き詰めた。当然、その狭さでは KISS ロゴサインを吊るすことも出来ず、ジーンは火を吹くことすらできなかった。

初日のコンサートでは、1枚$5のチケットが46枚売れた。だが、会場には130人近くの観客がいた。中には会場の設営を手伝った中国人の学生たちが60人ほどが無料で招待されていた。KISS が演奏を始めると、観客はその音量と容姿に、驚きと恐怖に似た表情を浮かべていた。さて、フォークリフトはどこで使われたのか?そう、ピーターがドラムソロを始めると後ろに設置されていたフォークリフトがドラムセットを持ち上げ始めたのだ。だが、会場の天井が低すぎた。フォークリフトは天井を破壊し、パネルを破損してしまっていた。

翌日のカルガリーでは800人が収容できる学校の体育館に160名の観客が集まった。体育館内で KISS の大音量は反響し合い、それは酷い音が鳴り響いていたため、観客の多くは翌朝まで耳鳴りが取れなかった。

ace1074続く2月8日、カナダのウィニーペグでのコンサートは University of Manitoba の学園祭出演であった。会場はこれまでの2箇所に比べて大きさに余裕があったため、全ての機材がニューヨークから取り寄せられた。これまでのその大学の学園祭でのコンサートはお行儀の良いフォークやジャズなどが主体で、学園祭主催者は何か新しいものを持ち込みたいと画策していた。そのため、KISS の出演は当日まで隠されていた。とは言っても隠したくなくても何も経歴がなく、レコードすら発売されていないバンドを宣伝のしようがなかったというのが実情だった。当日は KISS が出演するまでステージ上の KISS ロゴサインも、ドラム・ライザーも Marshall アンプの壁も黒幕で覆い尽くされていた。いよいよ KISS が登場した時に一斉にカーテンが取り払われた。観客は驚きどよめいた。観客の半分は KISS を受け入れることができずにビールの缶を投げたりしたが、半分はライブに興奮した!この日は一つのミスがあった。”FIREHOUSE” でジーンが火を吹いた後に、使用した油がステージ上に大量にこぼれてしまったのだ。スタッフは両手両足を使い大慌てで拭き取った。おかげで惨事にはならなかった。

※1974年2月17日 カリフォルニア州ロング・ビーチでのライブの模様

ricks-cafe-42月18日、カリフォルニアのロサンゼルスで Casablanca レコードのオープニング・パーティーが開かれた。会場になったのは The Century Plaza Hotel だった。Neil は巨額を投じてパーティを盛大に行った。当日の会場は映画「Casablanca」に登場する Rick’s Cafe Americana を真似て、モロッコ調に飾り立てられた。カジノ風のルーレット台も置かれ、ヤシの木や生きたラクダまで登場させていた。迎える側のスタッフや列席者たちも映画の衣装になぞらえたコスチュームを身に纏っていた。列席者の多くはレコード業界関係者、ミュージシャンやハリウッドの俳優達であり、中には Warner Brothers レコードと契約中だった Alice Cooper の姿もあった。パーティーも半ばを過ぎた頃、会場の一角にあったステージに KISS のメンバーが現れた。KISS はいつも通りのラウドなサウンドで、大きな KISS ロゴの照明を飾り演奏した。また、演出もいつも通りにパイロや炎やドライアイス・スモークを使ったものだった。しかし、会場にいたのはハリウッドに住む高所得者層であり、ニューヨークのキッズ達ではなかったのだ。数曲を演奏した辺りから会場はパイロの煙で充満してしまい、列席者の多くは咳き込み、会場外へと逃げてしまっていた。唯一、Alice Cooper だけは KISS のショーを最後まで見届けていた。Alice は自分のバンドと KISS は基本的に別物と捉えていて、純粋に KISS の曲や演出を賞賛していたのだ。パーティーは全てのレベルにおいて大成功と言えたが、唯一 KISS のライブだけは別だった。

当時からジーンはステージ上や写真撮影時にその長い舌を出していた。一時期は牛の舌を移植したとまで噂されていたが、既にバンドのルックスの珍しさと同様にジーンの舌の長さも噂の一端になっていた。

74pete01Casablanca のオープニング・パーティと同日にいよいよ KISS のファースト・アルバムが発売された。しかし、Neil Bogart は、KISS はライブでこそ、その魅力を発揮できるので、すぐにレコードが爆発的にヒットするとは思っていなかったという。プロデューサーの Kenny Kerner と Richie Wiseは、「レコード評や売上は気にするな!ライブで目に物を言わせてやろう!ライブで自分達のキャリアを積み上げて行こう!」とメンバーを激励した。そして、KISS はその通りにしていくのだ。

※ジーンは素顔でマンハッタンのレコードショップに行き、自分たちのファースト・アルバムを買った。他のバンドなら定員に気付かれそうなものだが、KISS の場合はあり得ない。だが、ジーンは自分のレコードを買うと言う行為にとてもスリルを感じたそうだ。

KISS が初めて写真付きで紹介された雑誌は Mandate という名前だった。メンバーも撮影に及ぶまでどんな雑誌なのか知らなかったのだが、その雑誌は man-date つまり、ゲイのためのポルノ雑誌だった。音楽雑誌での KISS の扱いはどうだったか…。ほとんどの評論家は KISS を見た目(ファースト・アルバムのジャケット写真)だけで判断し、子供だましのバンドとして酷評した。ライブを観た若者たちのファンは増えていたが、それがメディアに繁栄されることはほとんどなかったのだ。70年代の前半にニューヨークからデビューしたバンドといえば、New York Dolls と KISS ということになる。New York Dolls はカラフルで派手なスタイルでメディア受けも良かった。西海岸のメディアにも当初受けが良かったが、音楽的な評価は低いままだった。

1974年当時のラジオについても話しておこう、その頃のラジオは Billboard Top40 をオンエアすることが多かった。Jackson 5、John Denver、Elton John、Barbra Streisand などが人気な時期で、ホームタウンのニューヨークでさえ、ハードロックをオンエアするラジオ局はほとんどなかった。ましてや娼婦のこと(”BLACK DIAMOND”)や、セックスのこと(”NOTHIN’ TO LOSE”)、アルコールのこと(”COLD GIN”)を歌った曲をオンエアするなんて当時のDJには考えられなかったことだろう。1週間に200曲近い新曲がリリースされてもラジオで取り扱われるのはごくわずかだった時代で KISS は苦戦した。そんな苦境を打破しようと Casablanca の広報担当は有名なDJの古いフォルクスワーゲンの室内いっぱいに KISSチョコレートを詰め込んで放送をしてもらうなどの作戦を実行し、オンエアを勝ち取るために奔走した。

ファースト・アルバムのリリースから2ヶ月後の1974年4月半ば、KISS のコンサートを観て、バンドのことを気に入ったナッシュビルのDJ(彼も Neil Bogart の友人だった)が、KISS に50年代に Bobby Rydell がヒットさせた “KISSIN’ TIME” のカバーをしないかと Neil に提案をしてきた。というのもそのDJが活躍していたラジオ局はTop40をオンエアするのが主流で、ハード・ロックを流すことがなかなか難しかったのだ。Neil はこのアイデアが気に入り、すぐさま KISS にレコーディングをさせ、シングル・レコードをリリースし、ファースト・アルバムにも追加をした。この依頼を受けたメンバーは当初嫌がった。だが、Neil が「このアイデアを受け入れないのなら、契約を打ち切るぞ!」というまでの態度を見せたため、従うしかなかった。

※Bobby Rydell “KISSIN’ TIME”

ポール「Neil には騙されたよ。あれはラジオでのプロモーション用の録音で、シングル発売はしないって言っていたんだ。自分たちが作った曲で十分だったんだからカバーを録音する必要なんかなかったんだ。」
ジーン「録音する前にポールがロック風にアレンジした。たった2時間で録音してしまったよ。」
とは言っても、この “KISSIN’ TIME” がラジオでオンエアされる頻度は高く、KISS の名が浸透していくきっかけにはなったのである。

years74同時期にフロリダ州のマイアミではラジオ局主催のキッシング・コンテストが開催された。その大会が開催された後にその話を聞いた Neil Bogart はアメリカ各地の13の都市で同じイベントを開催しようと計画した。各地の優勝者は最後の大会に集められ、チャンピオンを決めようということになった。KISS のメンバーもこの企画に巻き込まれ、審査員という名目で最終戦に参加させられることとなった。各会場にはプロモーションのため250枚の KISS Tシャツと500枚のポスターが配布された。優勝者にはロサンゼルスでの KISS のコンサート鑑賞券と8日間のアカプルコ旅行が授与され、TV番組 The Mike Douglas Show への出演も与えられた。

コンテスト・ファイナルの会場であるショッピング・モールに呼ばれた KISS はプロモーションのために写真撮影を行っている。撮影は周囲が3階建てのバルコニーに囲まれた広場だった。Neil は写真撮影時にバルコニーの3階から$1札をばらまいた!現金に群がる数千人の買い物客で混乱した様子は、まるでメンバーにファンが群がるような写真となった。その後、会場で数曲の演奏をしているが、その日そのショッピングモールのレコード店では数百枚のアルバムやカセットを売り上げ、多くのファンを獲得することができた。

KISSTORY:1974 Part2 に続く

“KISSIN’ TIME”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINE
  • facebook
  • twitter
Copyright © Kiss Millennium All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.