Japanese KISS fan site since 1999

KISSTORY : 1972 Part2

c9897f9b32f359087959f7c4727cce96Peter Criss と Ace Frehley

 

EXPD. ROCK & roll drummer lookig for orig.grp.doing soft & hard music
経験あるロックンロールドラマー、ソフトでもハードでもオリジナルを演るグループを求む。

1972年8月31日のRolling Stone誌の MUSICIAN’S FREE CLASSIFIED 欄(フリーのメンバー募集広告欄)に載ったメッセージを見て、ポールとジーンはそのドラマーに電話をしてみることにした。そう、この広告主こそがピーター・クリスだった。

ジーンが電話した時、ピーターは自宅でパーティーをしていた。ピーターはこの時既に最初の妻であるリディアと結婚をしており、リディアによるとこの時のパーティは数日前に引っ越してきた新しいアパートの内装変更をした後のパーティーだったそうだ。電話に出たピーターはワインですっかり酔っ払っていた。(ピーターによるとそのワインのラベルには猫の絵が描かれていたらしい。)ジーンは電話で(イギリス風のアクセントを使って)「ヒゲは生やしているか?」「太っていないか?」「見た目はいいか?」「服のセンスはいいか?」「髪は長いか?」と質問をしたのだが、ピーターはジーンから聞かれる都度、大声でパーティーのゲストに同じ質問を繰り返した。

f103d7406c066daf6091055c283f659c数日後、3人は Electric Lady Studios で会うことになった。ジーンとポールはまったくの普段着で(どちらかといえばみすぼらしい格好だった)、スタジオ外の車に寄り掛かるように立って待っていた。ピーターはゴールドのサテン・パンツを履き、ターコイズ色のブーツを履いていた。何しろジーンからは電話で、ファッションのことなどを聞かれていたのだから…。そして、外の2人には目もくれずにスタジオの中に入り「ジーン・シモンズとポール・スタンレーっていう2人に会いに来たんだけど」と尋ねると、受付の男は「2人なら外で待ってるよ。」と答えた。ピーターを窓の外を見て思った「えぇ、あり得ないよ!オレにはワイルド・ドレッサーか?なんて聞いておいて、あんな野暮ったいヤツらなのかよ!」

ピーターはポールとジーンに自分が演奏するからブルックリンの King’s Lounge まで観に来てくれと言った。ポールはその演奏を聴いて、ピーターはいけると直感した。「ブルックリンの小さなクラブなんかよりマジソン・スクエアーの方が彼には向いている。」と思った。

数日後、ポールとジーンは彼らが練習で使っていたロフトにピーターを呼んでセッションを行った。が、ロフトに置いてあった Wicked Lester の Tony Zarella 所有のドラムではピーターはうまく叩くことができなかった。ピーターが語っている「ドラマーにとって、どのドラムを使うかっていうのはホントに重要なんだ。死活問題さ!パーツの数やインチ数、自分との距離、いろんな問題があるんだ。」その日の演奏はお互いに納得いく出来にはならなかった。次のセッションの時、ピーターは自分の全てのドラム・セットを持って来た。そこで全てが噛み合った。その時の演奏は最高だったとピーターは振り返っている。

ポールが振り返る「ピーターとセッションをし始めた当初は、完璧にしっくり来たわけでもなかった。でも、何か感じるものがあったから、何度かピーターには来て貰ったんだ。それで、何度も演奏していく内に曲やサウンドがしっくりくるのを感じたんだ。」

ジーンが振り返る「最初は The Rolling Stones の Charlie Watts のようにルーズでねっとりと脂っぽい感じだった。ピーターは他のロック・ドラマーとは叩き方が違ったんだ。ビッグ・バンドがスウィングを演奏している雰囲気だった。でも、何かがオレたちにマッチしたんだ。」

ピーターは、その経歴上単なるロック・ドラマーではなかった、モータウンからスウィングまで様々なジャンルの音楽を経験していたのだ。

ジーンが語る「そもそも The Beatles もモータウンとチャック・ベリーを融合して、自分たちなりに解釈して彼ら自身の音楽としてアウトプットしたんだ。だからオレたちも自分たちが好きだった音楽をイギリスだろうがアメリカだろうが全てを取り込んで、自分たちの心と口からアウトプットすれば、何か違った新しいものが生まれると思ったんだ。」

e9685f6412b6ce5f14b4d4239c26b0ac1972年の秋、ジーン、ポール、ピーターの3人はニューヨークの 10 East Twenty-third ストリートにある Live Bait という名のバーの上階にあるロフトで数ヶ月リハーサルを重ねた。まだ、バンド名は Wicked Lester のままだったが…。ロフトの壁には防音を考えて、タマゴのカートンが貼られていた。だが、そんな物は彼らの音量の前では何の意味もなかった。3人は一度、Epic Rocords のオーディションも受けていた。担当者はミュージシャンの Don Ellis も同行させていたのだが、Don はジャズのトランペッターであり、ロックを理解するミュージシャンではなかった。その時の3人はまだ顔を白く塗る程度のメイクだったが、多少の演出も考えていた。ポールは演奏の終わりにバケツいっぱいの紙吹雪を彼ら2人に浴びせたのだ。担当者は彼らの演奏や演出に興味を持ったが、Don にはまったく響かなかった。(Don は Lynard Skynard さえダメと批判するような人だったのだ)結局 Epic Records との契約は成し得なかった。

また、3人でマジソン・スクエアに Alice Cooper のショーを観に行っている。ショーの演出に興奮した彼らはロフトに戻り、自分たちはどういうスタイルで行くのかを度々話し合った。New York Dolls の雰囲気に Alice Cooper のショーマンシップを組み合わせたら何が生まれるのか?彼らの想像は尽きなかった。

彼らはバンド名も Wicked Lester から新しい名前に変えようとしていた。sex、drugs and rock ‘n roll のイメージに近い名前を探していた。3人で車を走らせている時にポールが閃いた!「KISS という名前はどう?」2人はすぐに賛成した!このおかげで FUCK や CRIMSON HARPOON という候補の出番はなくなった。

ポールが振り返る「僕はリード・ギターを弾く気はまったくなかった。リード・ギターまで担当するとやることが多くなり過ぎる。曲中ではもっとパフォーマンスをしたいし、リード・ギターに関してはそれまでも熱心には練習していなかったんだ。」

Village Voice 誌に広告が載ったのは1972年12月14日のことだった。

LEAD GUITARIST WANTED with Flash and Ability. Album Out Shortly. No time wasters please.
才能と煌きのあるリードギタリスト求む。直近でレコードを出す予定あり。時間を無駄にしないヤツが希望。

その頃のVillage Voice誌は、 ニューヨークにあるライブハウスやクラブに置いてあるフリー・ペーパーだった。この広告を見た若者が友人のギタリストの家までコピーを持って行った。
そう、エース・フレーリーだ!(その頃のエースはまだ両親と同居していた。)

オーディションにはありとあらゆるタイプの60人近いギタリストが来た。オーディションはまずバンドの3人が1曲演奏し、続いて候補者が加わって同じ曲にリード・ギターを合わせていくという方法が取られた。(中にはポンチョを着込んだフラメンコ・ギタリストがアコースティック・ギターを持って来たなんていうのもあった。なんと彼は妻が同行していて、彼が演奏している間、その妻はずっと恍惚状態だったらしい…)中にはスゴ腕のギタリストもいた。3人は彼が気に入り、数回リハーサルを行ったが、「ステージではメイクをする予定だ。」と言った途端にリハーサルに来なくなったらしい。

エースが振り返る「ブロンクスからオーディション会場まで母親が車で送ってくれたんだ。家族用の大きなキャデラックの後ろに50ワットの Marshall アンプを積んで行った。時間に遅れそうだったから慌てちゃってオレンジと赤のコンバースを履いちゃったのさ。会場の前についた時、気を落ち着かせるために500mlのビールを2缶開けたんだ。そして、オレがロフトに入るとそこに Bob Kulick (Bruce Kulick の兄)がいたんだ。」

ボブはバンドの3人の演奏を聞き、自分と同じように Led Zeppelin の影響を受けてると思い喜んだ。ボブが入っての演奏はとてもいいフィーリングだった。ジーンが語る「ボブこそ俺たちが求めていたものだと思った。それまでオーディションしたヤツらの中ではダントツだったんだ。」オーディション中にジーンは1枚のポラロイドをボブに見せている。「こういうメイクをしてステージに立つんだが、どう思う?」ボブは「バンドが成功を得るのに音楽と同じくらいスタイルが大事だとは思わないよ。」するとジーンは「これは最高にカッコいい仕掛けになるんだ。」と言った。ボブはこれまでもグラム系のミュージシャンと共に仕事をしたことがあったが、自分は音楽だけで勝負したいと常々考えていた。なので、ジーンからの問いかけに両手を上げて賛成するとは言えなかったのだ。

ボブの次がエースの番だった。エースは躓きよろめきながらロフトに入っていった。エースはジャーマン系とインディアンの血を引いていたため、見た目も少し他の連中とは違っていた。会場にはまだボブがいて話をしていたため、エースは部屋の角で持参したリバース・シェイプでシングル・ピックアップの Firebird をギグ・バッグから出しウォームアップを始めた。持参した Marshall に繋いで音を出して練習し始めたのだ(エースはアンプには繋いでいないと言っているが、実際はどうだったのか…?)。ギターの音だけではなく、手伝いで付き添ってくれた友人と大声で話し、例の声で大笑いまでし始めた。痺れを切らしたジーンはエースの前に行き、おとなしく待て!というしかなかった。この時点でジーンはエースのことが気に入らなかった。

bd90d77b313a9319628462e50da9e3edいよいよエースの番が来た。バンドからは、1回自分たちが演奏をするので、2回目の演奏に加わるように言われた。曲のキーは“A”、いや俺たちはフラット・チューニングをしているから“Aフラット”だ、とも言われた。バンドが始めた曲は “DEUCE” だった。エースはアンプのボリュームを最大まで上げて、そこに加わった!

ジーンが振り返る「エースが演奏に加わった途端、ポールと顔を見合わせた。」

ポール「エースがこのバンドが完成するために必要なピース(欠片)だったというのがすぐにわかった。まさに自分たちが探していたものだったんだよ。」

その後も数曲セッションを続けた後で、ジーンからはもっと演奏をしてみたいからまた連絡をすると告げられエースは会場を後にした。ポールとジーンはまだ少しエースに対して懐疑的ではあったが、ピーターは「あいつは、このバンドに迎えるのに完璧なヤツだよ!」と喜んでいた。

エースはバンドがとても気に入った。家に帰るや両親に「やっとスゴいバンドに出会ったんだ!このバンドで決まりだ!」待ち望んでいたチャンスに巡りあったと思えた。

オーディションから2週間後、バンドからエースに連絡が入る。エースは再び楽器を持ってロフトを訪れる。セッションが終わった後、「君に決まりだ!」と言われたのだ。エースはメイクをして演出にも凝ったライブに臨むのが楽しみでしょうがなくなっていた。しかし、実はレコード契約はまだなかったという事実を、この時初めてエースは知るのだった。エースは多少不満は持ったもののその年のクリスマスにはバンドと共にロフトにいた。

4人になったバンドはロフトで週6日の練習を始める。ポールは演奏をする内に地面が揺れるのを感じた。「この4人なら世界を相手にできる!」

ある日、ポールの学校の後輩だった Binky Phiilips (The Planet というバンドのメンバーだった)が、バンドメイトと2人で彼らが練習するロフトを訪れた。ポールが彼らを誘ったのだ。Binky がロフトに着くとそこには3人しかいなかった。ポールは「リード・ギタリストが遅れてるんだ。」と説明した。しばらくは話をしていたが、とりあえず3人で演奏を聴かせることにした。演奏したのは、”DEUCE”、”STRUTTER”、”FIREHOUSE” だった。Binky はその曲作りのうまさを絶賛した、ジェラシーさえ感じるほどだったのだ。「ところで、俺達はどれだけ待たされるんだ?」と思った時に、エレベーターが開く音とドタドタという他の人とは違う足音が近づいてきた。エースだ!
エースが部屋に入って来た時にポールが「1時間遅いぞ!」と言ったが、エースは「つまらない用事にひっかかった。」というだけで言い訳も謝りもしなかった。エースはレスポール・ジュニア(当時、Gibsonのギターとしては最も値段の安いギター)を取り出し、4人での演奏が始まった。エースのパワフルでアタックの強い音はバンドに完璧にマッチしていたと Binky は振り返っている。3人での演奏と比較して明らかにギア・アップしていたのだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINE
  • facebook
  • twitter
Copyright © Kiss Millennium All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.