Japanese KISS fan site since 1999

KISSTORY : 1971

ポールとジーンのバンド Rainbow は、1971年初めにライブを行っているが、他にも同じ Rainbow という名前のバンドがいることを知り、名前を Wicked Lester に変えている。

10afbbddfacc75121e319371d81deecfWicked Lester は1971年4月23日と同年夏にライブを行っている。ある日ポールが働いていた喫煙具販売店(名をMiddle Earthといった)にElectric Lady Studios で働くRon という男が現れる。ポールは度々 Ron に電話をし、Ron の秘書に「会って自分たちのバンドを観て欲しい」と伝えていた。しかし、ポールが連絡をしていたのは店に現れた Ron とは違う Ron だったのだ。人違いではあったものの、ポールからの熱心なリクエストに答えて Ron Johnsen は、Wicked Lester が練習に使っていたロフトを訪れる。そこで、Wicked Lester に何か光るものを見つけた Ron は、彼らを Electric Lady Studios に招き、ともにデモ・テープの作成を行ってくれた。彼らはこのデモ・テープを各レコード会社に送ったが、しばらくの間、あまり良い反応はなかった。しばらく後に Epic Record から、フル・アルバムの製作に費用を出してよいとの連絡が入る。ただし、その条件としてリード・ギタリストを Stephen から別の者に変えることを提示されてしまう。

彼らは渋々この条件を飲み、Stephen はセッション・ギタリストの Ron Leejack に変更された。Ron Leejack を迎えた Wicked Lester はレコーディングを開始する。デモ・テープに収録されていた曲も Ron Leejack のギターに置き換えられていった。十分な資金のない彼らは Electric Lady Studios の空き時間を利用せざるを得なかった。そのため、夕方の4時からよる9時までの間は使用を待たされるなどという日が続き、結局、アルバムが完成するまでに1年を要してしまった。ポールが振り返っている「やり過ぎちゃったんだよ。その週に流行った曲にシタールが使われていたら、 ”よし、僕たちもシタールを使おう” なんてやってたんだから。」

IMG_46711Wicked Lester のレコーディング期間中、彼らは楽器や機材一式を盗難されてしまう。そんな彼らを見かねて Electric Lady Studios の Ron Johnsen は、セッション・ワークの仕事をしないかと持ちかけている。その仕事の中に Lyn Christopher のレコーディングへの参加があった。ジーンとポールの2人は、”CELEBRATE” と “WEDDIN’.” という2曲にバックコーラスとして参加した。彼らにとって初めてのメジャー・レーベルからリリースされたアルバムへの参加であり、クレジットには、Gene Simmons と Paul Stanley として記載されている。その他にも Tommy James、Mr. Gee Whiz といったアーティストのセッションにも参加した。当時のポールとジーンはそれこそ Electric Lady Studios で生活をしているかのように入り浸っていた。そんな日々の中でLed Zeppelin、Jeff Beck、The Rolling Stones、Mountain、Stevie Wonder などがレコーディングやセッションをしている姿や音を扉の外から見ていたという。ポールが語っている「Wicked Lester から KISS になっても、Electric Lady Studios には良く出入りしていた。あそこは僕みたいな人間にはディズニー・ランドみたいなもんさ。それに多くのこともあそこで学ぶことができたんだ。」

※Lyn Christopherのアルバムの裏面 右下に2人の名前が記載されている。
lyn2

 

 

 

 

 

 

※Lyn Christopherのアルバムの曲より 2人の声が確認できる

※2013年のKISSEXPOにLyn Christopherが登場した時の様子
左にいるのはピーターの離婚した夫人である Lydia

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINE
  • facebook
  • twitter
Copyright © Kiss Millennium All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.