Japanese KISS fan site since 1999

KISSTORY : 1970

df3528c0b8d4d878f427067318fe38c31964年2月9日土曜日、その日を境にアメリカの若者たちの音楽に対する意識がすっかりと変わってしまった。TV番組の中で司会の Ed Sullivan が The Beatles を紹介した日だ。50年後の2014年にポール・スタンレーが振り返っている。「50年前、Ed Sullivan Show で The Beatles を観た。あの日を境にボクの人生は永遠に変わってしまったんだ。」The Beatles に続いてイギリスからアメリカに多くのアーティストが流れこんでくる。British Invasion といわれた現象だ。その流れの中、アメリカからも Bob Dyran、The Beach Boys といった才能を持ったアーティストたちが音楽業界でデビューを果たす。ロック・ミュージック50年の歴史の幕開けだ。

KISS がデビューした1970年代初頭の音楽界はグラム・ロックが台頭してきた時期だった。音楽面のみならず、ビジュアルをも重視するアーティストが出始めた時期だ。David Bowie が “Ziggy Stardust” で華やかなイメージを演出し、New York Dolls は、80年台のパンクに繋がるようなレザーとレースを組み合わせた衣装で登場した。ステージ演出という面では Alice Cooper のショーが特徴的だったと言える。イギリスでは、SLADE がキャッチーなメロディを持つロック・アンセムを歌って人気を得ていた。ショーの素晴らしさという点では、The Who 抜きでは語れない。The Who はライブで圧倒的なパワーを提示し、ステージ上でのエネルギッシュさはまさにショーマンシップの頂点と言っても過言ではなかった。リスナーである若者たちからは、これらのアーティストは「日常を超越した存在」に思えたのだ。

New York Dolls “PERSONALITY CRISIS”

Alice Cooper “SCHOOL’S OOUT”

The Who “MY GENERATION”

そんな時代にアメリカの東海岸ニューヨークで、また新たな個性的なバンドが生まれる。そう、 KISS だ。ビジュアルのインパクト!徹底したショーマンシップ!メンバー4人それぞれが持つ個性的なキャラクターで輝きを放つバンド、それが KISS だ。KISS は、それまで人気を博したバンドのいい面を多数取り入れ、それらをアメリカナイズし、よりレベルの高い物に昇華させていった。”The Hottest Band in the world” コンサートの前に毎回観客と共に叫ぶこの言葉に彼らの自信が表れている。

KISS が、どのように誕生し、どのように40年もの間、厳しい音楽業界を生き抜いてきたのかを振り返っていこう。

IMG_36701970年、18歳だった Stanley Eisen(ポールの本名)と21歳だった Gene Klein (ジーンの本名)に運命が訪れる。場所はマンハッタンにある Stephen Coronel のアパートだ。Stephen はギタリストでジーンの学生時代からの友人でジーンと共にいくつかのバンドも組んでいた。(The Long Island Sounds、Love Bag、Cathedralなどというバンド名だった)当時、ジーンと Stephen はギターも弾けるシンガーを探していた。以前、Stephen とポールは、The Tree というバンドを組んだことがあった。ジーンは The Tree のライブを観たことがあったという。「ハーレム近くにある地下のクラブで The Tree を観たことがあるんだ。その時のリズム・ギタリストには目を奪われたのを覚えている。The Tree は、”Whole Lotta Love” や “All Right Now” を演奏してたんだが、彼の歌は非常に説得力があったんだ。彼はステージの右サイドで見た目も良かったし、ハイトーンで歌う姿はまるで、Led Zeppellin のロバート・プラントのようだった。彼は名を Stanley Eisen と言っていたよ。」Stephen はさっそくポールに電話をしてジーンと2人で逢いたいと伝えた。1970年の8月のことだった。

その頃のジーンはとても太っていたらしい。(まるでオジー・オズボーンが一番太っていた頃のようだったらしい。ジーンによると225ポンド=102kgはあったそうだ)夏だというのにロング・コートを着ていて、脱ぐことはなかったらしい。

Stephen とジーンが待つ部屋にポールがやって来た時、ジーンは窓際に立っていた。Stephen がジーンに「彼が Stanley Eisen だ。彼も曲を作るんだよ。」とポールを紹介した。ジーンはそれまで自分以外に作曲をする人間に会ったことがなかったそうだ。ジーンとポールは握手をし、お互いのバンドの演奏を観たことがあることや、その時の感想などを話し始める。ジーンはポールに横柄な口調で「作った曲を聴かせてくれよ。」と言った。ポールは Stephen が用意していたギブソンのES-330を手に持ち数曲を歌い始めた。その中には “SUNDAY DRIVER” (KISS の1st アルバムに “LET ME KNOW” として収録された曲だ)という曲も含まれていた。ジーンも Stephen も “SUNDAY DRIVER” を気に入ったらしい。ジーンは語っている。「”SUNDAY DRIVER” はいい曲だった。メロディと構成が良かった。歌い方もイギリス風でまるで The Beatles の曲のようだったんだ。それになによりポールの声が良かった。」続いてジーンがギターを持ち、”STANLEY THE PARROT” という曲を歌った。ジーンの声はポール・マッカートニーのようだったとポールは振り返っているが、曲にはあまり興味を持てなかった。

ポールが振り返っている。「その時はジーンのパーソナリティも実はあんまり気に入らなかったんだよ。」ジーンが語る「ポールは俺のことを気に入らなかったらしい。横柄な態度で “いったいお前は何様だ” という風に思っただろう。俺はまったくフレンドリーじゃなかった、子供みたいなもんさ。言い分けをするわけじゃないが、俺は外国から来た、兄弟も姉妹もいなかった、母は第二次大戦中のドイツにいたんだ。父も早くに俺たちの元を去った。俺たち母子にはなんのサポートもなく、母は朝早くから夜まで働き詰めだったんだ。自分なりのやり方しかできなかったのさ。」

ポールは Stephen の部屋からの帰り道に、車で送ってくれた友人にジーンの態度に対する不満を漏らしていた。いったんはジーンとバンドを組むことに興味を持てなかったポールだが、冷静に考え、思い直した。「一度会っただけで人の本質はわからない。何かを始めてみもしないで人との関係を断つべきじゃない。」

数日後、ポールとジーンは、再び Stephen とキーボーディストの Brooke Ostrander と共にセッションをすることになった。このセッションが2人の関係を一気に近づけることとなる。彼らはどちらかがメインパートを歌えば、もう一方がハーモニーをし、それをスイッチして歌うなど、とても楽しそうにしていた。2人はお互いの才能を補完し合うようだったと Stephen は振り返っている。

ジーンは言う「ポールと俺は音楽の楽しさや、理想、作曲に対する価値などをシェアした。日夜進歩していったんだ。俺たちは1枚のコインの裏表だったんだ。ポールが自分にとってパズルの大事なピースであると思った。ポールはきっと成功すると思った。俺はポールとの関係を続けようと思ったんだ。」

ポールは言う「2人にとって成功することは他の何にも増して大事なことだった。成功に向かってジーンは輝いていたし、野心的でハードワークを厭わなかったよ。2人でいることは単なる1+1ではなかった。もっと何倍にも思えたし、とても意味深いものだったんだ。チームでゴールを目指すことって、1人でやるよりも何倍も何倍も違うことなんだよ。

ジーン、ポール、Stephen、Brooke の4人と Brooke が連れてきたドラマーの Joe Davidson は Rainbow というバンドを組み、曲作りを始める。しかし、Joe Davidson は早々にバンドを去ることとなり、後任ドラマーとして Tony Zarrella が加入した。

※ジーンとポールは、上記の8月の出会いの前にも数回会ってはいた。ジーンと Brooke が組んでいたバンドでギタリスト募集の広告を出した時にポールも連絡をしていたが、その時はオーディションで落とされている。また、ジーンは良く他のバンドにアンプなどの機材をレンタルすることがあった。ポールが在籍していた Uncle Joe もジーンから機材をレンタルしたことがある。その時にジーンはポールがステージで演奏をする姿を観ていたようだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINE
  • facebook
  • twitter
Copyright © Kiss Millennium All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.