Japanese KISS fan site since 1999

Love Gun

LVGNタイトル : LOVE GUN/ラブ・ガン
発売日 : 1977年6月17日(米)
レーベル : Casablanca(米)
録音場所 : Record Plant Studios(New York City)
録音年月 : 1977年4月-5月
Mixed at Electric Lady Studios
プロデューサー : KISS and Eddie Kramer
エンジニア : Eddie Kramer、Corky Stasiak

1. I STOLE YOUR LOVE<愛の謀略> Stanley
2. CHRISTINE SIXTEEN<クリスティーン・シックスティーン> Simmons
3. GOT LOVE FOR SALE<ゴット・ラヴ・フォー・セール> Simmons
4. SHOCK ME<ショック・ミー> Frehley
5. TOMORROW AND TONIGHT<トゥモロー・アンド・トゥナイト> Stanley
6. LOVE GUN<ラヴ・ガン> Stanley
7. HOOLIGAN<フーリガン> Criss / Penridge
8. ALMOST HUMAN<オールモスト・ヒューマン> Simmons
9. PLASTER CASTER<プラスター・キャスター> Simmons
10. THEN SHE KISSED ME<ゼン・シー・キスト・ミー> Barry / Greenwich / Spector

CASH BOX誌Top200:最高位5位、37週間チャートイン
BILLBOARD誌Top40:最高位4位、26週間チャートイン

シングル・カット:
CHRISTINE SIXTEEN / SHOCK ME(1977年7月30日発売)
<BILLBOARD誌最高25位、12週間チャートイン>
LOVE GUN / HOOLIGAN(1977年8月発売)
<BILLBOARD誌最高61位、7週間チャートイン>

ビデオ:
当時はツアーの真っ最中であったためにビデオは作られていない。

NOTES:
IMG_2374“Destroyer(地獄の軍団)” に続いてKen Kellyによるアルバム・カバーで新しいコスチュームの披露となった。アルバムのおまけとして “KISS LOVE GUN”というロゴの書かれた紙鉄砲がついていた。

当初、収録予定とされていた “Tunnel Of Love”(ジーンのソロ・アルバムに収録)、“Have Love Will Travel”、“Sincerely”という曲が最終的に外れている。

KISS にとって2曲目のカバー・ソングである “Then She Kissed Me” は、元は Crystals の “Then He Kissed Me” で男女の立場を入れ換えたことにより若干歌詞が変更されている。

エースにとって初のメイン・ボーカル曲である “Shock Me” のレコーディング時にエースは床に仰向けに寝転がって録音したとの噂がある。

あるインタビューでジーンがこんなことを語っていた。「アルバム収録曲を作成していた時にポールが俺に『次の曲のタイトルは “Christine Sixteen” なんてのはどうだい?』とジョークを言ってきたんだが、その時まさに俺はそのタイトルの曲を作っていたのさ。持っていたメモをポールに見せると、ヤツは驚いたさ。」しかし、ポールが後日、他のインタビューでこの件について、「あれは俺のアイデアを盗んだんだ!」と言ったそうだ。

ピーターは、同アルバムのために Stan Penridge と共作で “Love Bite” という曲を用意し、1977年の3月にデモ録音もしていたが、ポールとジーンによりアルバムの雰囲気に合わないという理由からカットされている。

“Almost Human” では、ジーンがギターを弾いている。また、“Love Gun”ではポールがベースを弾いている。

2013年の KISS KruiseIII で “Almost Human” が初めてライブ演奏された。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINE
  • facebook
  • twitter
Copyright © Kiss Millennium All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.