お名前:ヴィニ
衣装:Paul、Psycho Circus時代

Q1.衣装の作り方を簡単に教えて!

ベース:
ベースは、東急ハンズのパーティ用品売り場などで売っている“もじもじ君”です(笑)。頭に被る部分と胸の部分と足のくるぶしより先をバッサリと切ります。切り口は折り返して手縫いしてあります。(裁縫部分は全部嫁さんまかせ・・・感謝)脚の裾の部分には型をきちんと保つためにゴムをつけてかかとに引っ掛けられるようにしてあります。

後はひたすらポールの写真を眺めてラインストーンを布用接着剤でひとつずつ貼っていくだけです。使ったラインストーンの数を確認したことはありませんが、ともかく大量に必要です。「これくらいあれば大丈夫」と思った量ではまず足りないでしょう。今でもラインストーンを見つけては買いこんで、貼り付けてます。

もじもじ君はストレッチ素材なのでラインストーンを貼る時には伸ばした状態で貼らなければできあがりの状態がよくわからなくなります。最初は部分的に着た状態で貼ろうとしたのですが、接着剤が染み込んで身体についてしまいました(笑)。ですので、新聞を棒状に丸めてビニール袋を被せ、それを中に突っ込んでやることにしました。
(この写真は1999年末の状態です。今では更にラインストーンが増えています。)

ベルト&首輪:
身体に巻きつけられる長さの牛革を買ってきます。それをベルトの形に裁断します。このベルトはサイドの部分が上がっているので中央を決め左右対称になるようにする注意が必要です。これにひたすら鋲を打っていきます。中央の星の部分が大事ですのでパソコンで“○”で星の形を作り、プリントしたものを革に貼って穴の位置を決めました。他の部分はポールの写真を見つつ、自分の身体のサイズに合うようにアレンジして場所を決めていきます。

問題となったのがベルトを背中で留める部分です。最初は、スナップなどを考えていたのですが、大量の鋲の重さでとても耐えられそうにありません。そこで、カバンのふたを止める用の革ベルトを2つ購入して縫いつけました。(普通のベルトのバックルの小さいのが背中に2つあるイメージです)最後にベルトの下の部分に鎖をつければ完成です。(星の中央に宝石状のプラスチックを付けることを忘れずに!)

首輪は、ベルトを裁断した革の余り部分で作りました。ベルトと同様に鋲を打ち、中央に宝石状のプラスチックを接着してあります。首にあたる部分ですので裏側にはガムテープを張ってあります(雑?)。

ブーツ:
まず、問題は自分の足のサイズ(26.5cm)に合う厚底のブーツなんて滅多にみつからないってことです。友人たちに聞き、渋谷のブーツ専門の店でやっと購入しました。(一説には新宿二丁目あたりでニューハーフの方々用に厚底ブーツを売ってる店もあるそうなのですが、探索に行くのも怖いしぃぃ・・・)

買ったブーツはくるぶしの上あたりまでしか長さがなかったので合皮で膝下に巻く部分を作りました。これはすねに海苔巻状に巻きつけてマジックテープで留められるようにしてあります。これにもボディと同様にラインストーンを貼り付けていきます。

ブーツの銀の部分には銀色の布を貼りました。ブーツの湾曲の上に想い通りの形の布を貼るのはとてもむずかしかったです。何度も思考錯誤してイマのようになりました。でも、やはり先端の端の部分に切り込みと皺ができてしまい、本人はとっても不満なのです。ブーツにもラインストーンを貼りましょう。

Q2.特にたいへんだったとこはどこ?

ともかくたいへんだったのが、素材となるラインストーンと鋲を集めること。売っている店を探しては、希望のサイズのモノを全部購入とかしました。 製作にあたっては、どのパーツもそれぞれにたいへんな部分があります。ベルトの鋲打ちは、穴を開けて鋲を打つという作業ですが、木槌でコンコンとやっていくんです。家は集合住宅なので深夜に作業をしては下の階の方に迷惑なので、夜9時までにしました。休日にまとめて作業する感じでしたね。あとはブーツの銀の部分の形作りかな。

Q3.自慢できるポイントは?

全てラインストーンなので、ライトにあたってキラキラと輝く様子はとっても好きです。

Q4.また作りたいと思う?作るとしたら、どのタイプ?

DYNASTYの衣装が欲しい!あの紫のひらひら衣装を作りたいです。
でも、今のこの衣装をもっと直していきたいかな。
それと、ポールっぽいカツラがなかなか見つからないんです。アフロっぽいのは売ってるんだけど、やっぱり最近のポールのイメージじゃないんですよね。