お名前:は〜にゃさん
衣装:Ace、LOVE GUN時代

Q1.衣装の作り方を簡単に教えて!

KISSの衣装を作る! なぜ、こんなことをすることになったのか・・・
「作りたい!!」って気持ちと、「作らなければ・・・」という使命が半々でした。
それは、結婚式の二次会で新郎新婦がライブに乱入する、というプログラムの為でした。不安感一杯で作りはじめ、かなりノリながら作業を進め、時間に追われ、泣きながら仕上げる、といった具合でした。

さて、作り方ですが・・・私の作ったのはACEのLOVE GUN衣装です。初心 者には、比較的簡単かな?と思ったので、これを選びました。
まず、型紙を作る。これが、なかなか大変です。ACEの写真を見ながらスケッチを する。そして、自分の体型にあわせて、サイズを縮める。ACEと私だと身長差もか なりあり、胴回りだって物凄い違いがあります。ACEサイズだと、カッコいいけど、 ミニサイズにしたらちょっと・・・な感じがしました。型紙は原寸大で作るので、大 きな作業台が必要です。机がなくても、床でOKです。ただし、フローリングには溝 があるので、エンピツが溝に落ちると紙に穴をあけちゃうので、気を付けて下さい。 大まかな型紙ができたら、それを着てみます。「貼ってはがせるテープ」は必需品で す。パーツを身に付け、テープで止めます。そして、鏡とACEの写真を見ながら、 微調整をします。肩幅、カーブの出し方、丈・・・一人では、なかなか大変な作業で すから、誰か手助けしてくれる人も考えておいて下さい。

型紙が出来たら、裁断です。しかし、ACEのような生地探しがこれまた、一苦労で す。舞台衣装用の生地から探しても、なかなか希望の生地が見つからない。これ!と 思うものは、高い、縫いにくい等の点で思うようには進みませんが、落ち着いて気長 に探せば、きっとお気に入りの生地が手に入ります。今回の衣装は、キルティング用 の綿入り布も一緒に裁断しました。

ついに、ミシンが登場します。キルティング加工を施すのですが、ACEと同じ本数 を等間隔で、がポイントですが、幅があまりにもつまり過ぎると、かっちょ悪いので、 そこは、自分の体型にあわせて適宜変化をつけて下さい。ミシンをかけます。糸は透 明の糸が最適です。しつけはきっちりとして下さい。ミシンの送り歯に布の繊維が絡 まるので、表地を上にするか、トレーシングペーパーなどを挟んで、ミシンがけして 下さい。

次に、各パーツの縁にあるチューブの部分。私の場合は、ここがちょっと失敗したと ころです。チューブを通す隙間を作ってはいたものの、最後になって中にひもを通そ うとしましたが、布がほつれる、通りにくい等の問題発生。最終的にはチューブ(ひ も)は、入っていません。縁の部分を本体に付けると同時にひもも縫い込むと良かっ たと思いました。

縁の付いた各パーツを繋ぎます。鏡を見ながら、仮止めしましょう。脱ぎ着しやすい ように、ウエスト部分はファスナーにすると良いです。それも、スカートやパンツの 用に下の部分がくっついている物ではなく、ジャンパー等の用に、下の部分をはめ込 むタイプのファスナーを使用しました。パーツを繋ぐのは、手縫いで行います。この 場合の糸も透明を使用しました。これで、服(?)は完成です。

ブーツ。今は厚底ブームなので、土台となるプラットフォームブーツには困りません でした。ACE的なソールの高さのブーツを探して下さい。これに、カバーをかけま す。ここでも自分でキルティングの生地を作ることになります。相手が立体で、しか も形のできている物体にカバーをするので、かなり適当なところもあります。が、全 体の長さとソールの周囲の長さは確実に計って下さい。ブーツは5ツのパーツで仕上 がります。サイドが2枚、センター部分の長細いもの、ソールの部分、縁。 まず、サイド2枚をセンター部分に縫い付けます。ポイントは足首から、つま先にか けての丸みを出す事です。土台のブーツにのせて、しつけをしておいて下さい。次に、 上部の縁を付けます。これは、胴体部分の縁を付けるのと同様です。縁の次は、ファ スナーです。これも脱ぎ履きしやすい用に、ファスナーを付けます。私は型紙の時点 で後ろファスナーにしました。土台に乗せて、最後にソール部分を付けます。これを 縫うのは、至難の技なので、布用ボンドを利用しました。ボンドでカバーとソールを 張り付け、待ち針で押さえる。最後にソールのカバーと本体のカバーを、まつり縫い の要領で止めます。

あと、一つ。そでカバーです。自分の手首から、ひじの曲がるところまで(内側)の 長さを計り、両端に縁をつけて、筒状に縫えばOKです。ここでのポイントは、手首 よりも手の甲の周囲の方が太いことを考えます。筒状に縫う時には手首が通る太さに して下さい。

肝心なのが、ボディースーツです。バレー用のレオタードを利用。これも、脱ぎ着し やすいよう、股の部分にカギホックを2ケ所程、付けました。ラインストーンの大き さは、自分の体型に合わせて選んで下さい。小柄な人が大きなものをつけると、違和 感がありますので。適当に・・・がポイントです。

殆どの部分で、「適当!」を連呼しながら、作りましたがなんとかなります。後は自 己満足も手伝ってくれますから。全てのパーツがしあがったら、着てみましょう。鏡 に写る自分の姿に、驚きますよ。これで、メイクをすれば・・・あなたもコスプレ集 団の仲間入りです!!

Q2.特にたいへんだったとこはどこ?

一番の難関は、生地選びです。それと、多くのラインストーンを確保すること。
この 2点です。

Q3.自慢できるポイントは?

これといったところはないですが・・・強いて言えば、ブーツのソール部分。かなり、 ACEっぽく仕上がったと自負しています。

Q4.また作りたいと思う?作るとしたら、どのタイプ?

う〜ん・・・欲しい衣装はありますが、難しいですね。もし、自分で作るとしたら、 エルダー時代かな。でも、あの衣装を着る為にはダイエットが必要。